スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ピカッ」のその後

2008年10月25日 05:40

その後
チンポムは

学芸員から謝罪するように促され
記者意会見を開き、「謝罪の方法を考えたい」との発言。

つまり、アーティストを擁護する立場の
学芸員がチンポムに罪をなすりつけたという事。

展覧会を行う場合、キュレーター(学芸員)との話し合いによって
その展覧会・作品の内容が決められるのに
その作品が人道的な意味で、批判されるや否や、いきなり切り捨てた。

キュレーターの端くれである僕としては、これは信じられない。
まず、アーティストがアートだというのならば説明責任は基本的に無いと思うし。
その作品と社会の間にたつべき、学芸員が作品意図とその価値を説明すればいいと思う。
予想していたよりも批判が大きいくて、戸惑っているのはわかるが
しっかりと説明した上で(もちろん市民には理解されないだろうが)
与えた影響の反省をして欲しい。

あと、原爆被災者の会のような団体に謝罪したらしい。

特定の団体に謝罪ってのも、ちょっとおかしいと思うけども、、

それにしても、WEB上での批判が凄すぎる。
だからアートはだめなんだ的な発言が目立つし、
一般社会がここまでアートに嫌悪感を持っているなんて知らなかった。
彼らが何を持ってアートと呼んでいるのかはわからんが
理解の出来ないものに対する拒否反応というんだろうか
ちょっと恐ろしいよねここまでくると。
(アートがそもそも理解するものではなく、経験するものだと定義しても、この拒否反応は、その経験の質を自分で把握してのものではないし、原爆とか戦争は個人的にはとても悲しいし嫌悪するが
それに反対することが、絶対の正義だみたいな雰囲気は好きではない。)


最近の日本では
猟奇的な犯罪などがあると
結局犯罪者は、我々とは違うクレイジーな人間だからとか
過去のトラウマが原因で、みたいな
自分とは違うという風に反射的に解釈して安心するという風潮があり
僕はいつも単純化しすぎじゃねえかと思っていたのだけど

今回のチンポム事件でほんと恐ろしくなった。
2chが特殊すぎるのかも知れない。

まともな議論が起こるのを期待している。
今後も事件の動向を追っていきたい。
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2. 櫻岡 | URL | -

    追記:この前の記事で
    ポリティカルコレクトネスに絡めて、チンポムのことを書いていますが。これは撤回します。これが誤解を生む原因になっていると思います。
    チンポムの行為が、作品であるみたいに書いていますが
    その後の情報により、現段階ではあれは作品以前のものだと思われます(現段階では、ですが)。
    よって、アートうんぬんの議論は成り立たないと思います。

    下のコメントにも書いてある通り、作品としての僕の評価には、もうしばらく時間がかかるでしょう。

  3. 櫻岡 | URL | -

    一般人から さま

    コメントありがとうございます。
    また、言葉が足りなくて申し訳ありません。
    ミクシーにも同じ文章を載せたのですが
    同様な反論を頂きました。
    意図を説明させていただきます。

    >理解の出来ないものに対する拒否反応というんだろうか

    のくだりは
    WEB(主に2ch)にコメントを書く多くの人々が
    どうせアーティストはアートといえば何をやっても許されると思っているんでしょ。
    と考えている事に恐怖を覚えたのです。
    特に、今回のチンポムの件は、不快であり、拒否反応を示すのが当然だと思います。僕もそうです。
    しかし、これがアートであるかどうかとは別問題なんです。

    表現行為には、自由と責任がついてまわります。
    作品制作の為に人を殺したなら
    実現されたものがいかなる作品であっても、殺人は殺人罪で捕まります。

    だから、チンポムの行為がアートであろうとなかろうと、多くの人々を傷つけた責任を何らかの形で取るのでしょう。

    作品の評価については、僕はまだ判断しかねます。
    作品としては発表されていないですからね。
    世間でもまだ議論は展開されていないようです。
    僕の期待しているまともな議論とはそういうことです。

    そして(アートがそもそも、、)のくだりが悪かったですね
    多くの方の誤解を生む文章だったと思います。
    ただ、拒否反応が出てしまうのは当然として、その後何故拒否反応が出てしまうのかを、個々人が考えた上での発言が聞きたいのは確かです。

  4. 久美 | URL | -

    いつもみています

    初めて書き込みます。ちょくちょく拝見しております。これからも遊びにきますね。

  5. 通りすがり | URL | -

    一般人から

    なるほど「アートがそもそも理解するものではなく、経験するものだと定義」ですか・・・。わからないものですね。
    「理解の出来ないものに対する拒否反応」ちょっと違います。「不快なものに拒否反応」です。そもそも、貴方の言う一般人というのは理解しようとしているのではなく、感じたものが全てなんですよ。感じ方は人それぞれでしょうけど。
    偉大な芸術家の作品であっても「嫌悪感」や「不快感」を持ってしまったらダメなんです。拒否反応がでますね。
    2ちゃんは特殊かもしれませんが、件の彼らを擁護するのも特殊かもしれませんね。
    どうせ一般人には理解されないとお考えなら、限られた空間で限られた人間同士マスターベーションしあっていればいいだけです。今回の「アート(笑)」には何かバックボーンがあるんでしょうか?例えば「ゲルニカ」の様な。
    一般人の私から見れば単なる悪ふざけです。
    たとえ人を不快にしても「アート」だと言うならどんな形であれ、謝罪は間違ってるとも思ってます。
    謝罪した時点で「アート」ではなく「悪ふざけ」です。
    以上、長文失礼しました。

  6. サトシ | URL | -

    また見させていただきました!
    応援ポチッ!!!

  7. hanae | URL | -

    こんにちは

    はじめまして、ちょくちょく拝見しております。これからも遊びにきますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zeronii.blog87.fc2.com/tb.php/280-358e72f0
この記事へのトラックバック

『ピカッ』について

10月21日に広島の上空に「ピカッ」という文字がひこうき雲で書かれました。 Chim↑Pomという団体が広島の現代美術館で行う展示のために撮影した...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。